【写真あり】私の肌荒れが「酒さ様皮膚炎」と診断されるまで③【赤み・ほてり・かゆみ・ブツブツ】

酒さ・スキンケア
スポンサーリンク

こんにちは!すみれです。

私が肌荒れから「酒さ様皮膚炎」と診断されるまでの流れを書いた記事第三弾。

「もしかして酒さ・・?」と疑いを持っている方や酒さでお悩みの方に読んでいただけると嬉しいです!

実際に最近のお肌の様子の写真も載せたので見てみてください!

質問やもっと詳しい肌の状態などを知りたい方がいらっしゃいましたら、遠慮なくコメントしてくださいね!私のわかる範囲でお答えします。

第一弾の記事「私の肌荒れが「酒さ様皮膚炎」と診断されるまで①【赤み・ほてり・かゆみ・ブツブツ】

第二弾の記事「私の肌荒れが「酒さ様皮膚炎」と診断されるまで②【赤み・ほてり・かゆみ・ブツブツ】

スポンサーリンク

ついに「酒さ様皮膚炎」と診断される

土日営業している皮膚科でしたが、受診してみるといつもの女性の先生はお休みとのこと。

担当にこだわらないので診てくださいとお願いしました。

すみれ
すみれ

前にもらったステロイドを塗ったらこうなってしまいました・・。

う~ん、、酒さ様皮膚炎っぽいなぁ・・。ちょっと質問をしますので、答えてくださいね。

いくつか質疑応答をし、肌の状態を診て「酒さ様皮膚炎です」と言われました。

皮膚科の先生に聞かれたのは以下の内容です。

  • 最近、辛いものを食べましたか?
  • 最近、飲酒はしましたか?
  • 寒暖差で顔にほてりは感じますか?
  • ストロイド軟膏はいつから、どれくらいの頻度で使っていましたか?

実は、辛いものもお酒も大好きな私・・。最近、夜に夫がいないことを良いことに、韓国の「辛ラーメン」を食べたり、唐辛子大盛のパスタを食べたりしていました(笑)

そして、ちょうど飲みに行くことが多かった時期。う~ん、、当てはまりすぎ!!!

 

寒暖差で顔がほてるのも肌荒れが起こると毎回起きるし、ステロイドもちょこちょこ5カ月間ほど塗っていました。

やだ、この人なんで私の私生活を知ってんの!?くらいの勢いで全部当てはまって納得しかありません。

でも、ひとつ疑問が。

 

じゃあ、最初にステロイドが処方された時の肌荒れはなんだったの???

 

すみれ
すみれ

最初にステロイドもらったときの症状とほぼ同じなのですが、何の差で酒さ様皮膚炎か肌荒れかがわかるんですか?

当時の状態を診ていないので断言できないですが、ステロイドで一時は回復したならその時は肌荒れだったのでしょう。ステロイドを繰り返し使ったのが大きな原因かと。

 

え?そうなの???最初から酒さの症状だったんじゃないの??

と思いましたが、確かにここまでのひどい赤ら顔にはならなかったので、きっとそうなのでしょう。

酒さ様皮膚炎は、ステロイドの長期使用が原因と言われますが、酒さ自体は原因がわからない謎の病気。これ以上聞いても答えはでないだろうな・・と思いました。

そして、このトマトのように真っ赤に膨れ上がった顔に処方されたのは、「アズノール軟膏」「抗生物質(ミノマイシン)」でした。

精神が病む

皮膚科で処方された抗生物質を飲みながら、アズノール軟膏を塗る日々。

先生は、「なるべくメイクはしない方が良いけど、アズノールの上にメイクしても問題ないよ。」と言ってくれたので、ミネラルファンデーションを塗りながら会社へ。

腫れは一日でおさまったけど、ブツブツ、強いかゆみ、ヒリヒリ感、赤み、ほてりを常に感じます

1週間ほど経つと、落ち着きを見せましたが、もう本当に肌荒れに振り回される生活に嫌気がさしました。

 

酒さ様皮膚炎ってどうすれば治るの???と毎日スマホ片手に検索魔に。

 

何度も何度も何度も繰り返すこの肌荒れ。しかもどんどん悪化して、治るまでの時間がかかるようになってきたことへの絶望・・。

すみれ
すみれ

酒さと関係ないですが、妊活も全然結果がでず(片側卵管閉塞&男性不妊気味)、精神はズタボロ。

 

みんなのお肌はどうして普通なんだろう、みんなはどうして普通に子どもがいるんだろう・・。普通になりたい。

人生ってなに?なんのために生きているんだろう・・。

と、一日中考えるようになって涙が出たり怒りがこみ上げたり、情緒不安定でした。今考えるとちょっと鬱っぽかったのかもしれませんね!

生理前に酒さの症状がひどくなる⇒生理が来る(妊娠不成立)の流れで、1ヵ月の半分はとんでもなくブルーな気持ちでした。

精神が病んでいる状態は、肌にも影響することは十分わかっていました。でもやめられないんです。マイナス思考の無限ループが。

スポンサーリンク

ステロイド&ヒルドイド断ち!本格的に肌断食をする

気持ちはブルーですが、しっかりケアしてかないと治るものも治らない。と、本格的に肌断食をはじめました。

もともと、肌断食っぽいことはしていたので、すんなり肌断食することができました。

とはいえ、いきなりやると反動がすごいので、良くなるのに時間がかかっても良いので、できるだけ反動を少なくするようちょっと工夫をしました。

私が行ったのは、下記のようなスキンケアです。

  • ステロイドは全面禁止!(怖くて塗りたくもならなかった)
  • ヒルドイドを徐々に減らす
  • ノーファンデの日を増やす
  • ファンデーションが多少残ってても良しとする

ヒルドイドを徐々に減らす

ヒルドイドを一気にやめると、ものすごい乾燥&皮むけがくることはわかっています。(過去に実証済み)酒さ様皮膚炎で傷つきまくったお肌には酷だ、と判断。

なので、肌の状態を見ながら、ヒルドイドを徐々に減らしました。

  1. まずは、朝のみヒルドイド⇒夜はワセリン
  2. 慣れてきたら、朝のヒルドイドは二日に一回程度に
  3. 気になるときだけヒルドイド
  4. 最終的にはワセリンのみ

その日の肌の状態を見ながらトライ&エラーで少しずつ調整していきました。

ノーファンデの日を増やす

ステロイドを塗っていた期間以外は、ファンデ(オンリーミネラル )を欠かさず塗っていました。人の目が怖いからです。

ですが、人の目より自分の肌を考えて、症状が軽い時はファンデをやめました。

汚い肌をさらすのはとても怖かったけど、他人にどう思われるかより自分のお肌を大切にしようと思ったのです。

ファンデーションが多少残ってても良しとする

宇津木式肌断食では、ファンデをつけた日は石けんで洗顔します。ですが、この石けんがしみるんです・・!!!( ;∀;)

私はこのとき思いました。私のお肌はケガに近いのか、と(涙)

ファンデを塗るときも多少の刺激は感じますが、石けんをつけて肌を洗うということがいかに刺激なのかを実感することができました。

宇津木先生は、「多少ファンデーションが残っていても垢と一緒に剥がれ落ちる。丁寧にダブル洗顔するほうがよっぽど肌に刺激を与える」と言っていたので、しみる時はぬるま湯ですすぐだけにしました。

すみれ
すみれ

調子の良いを見て、石けんを使うという感じでしたが、ファンデが残っていることでニキビが増えたり、毛穴が開くというようなことは起こりませんでした。

関連記事⇒【実体験/写真あり】超乾燥肌+敏感肌+酒さ様皮膚炎な私がクレンジングをやめた結果【石鹸洗顔のみ!】

現在はかなり落ち着いたが「完治」するものではないと実感

とにかく私が目指したのは「健康な皮膚の再生」

エイジングケア?美白ケア?そんな場合じゃない!!!!という感じで、ケガをしたような状態の皮膚が少しでも健康になるよう努めました。

徹底したことは「肌に負担をかけない」こと。

さっきお伝えしたケア方法も絶対にこの方法で行く!でなくて、その日その時の肌の状態を見極めて、肌に刺激を与えないよう頑張りました。

ブツブツや赤みがほぼ引くのに1年くらいかかりましたが、今はかなりマシになりました。

こんな風にブログで情報発信することなんて考えていなかったので、ひどかった頃は写真に残っていません・・。

あまり参考にならないかもしれませんが、現在と症状がだいぶ落ち着いたころの写真を載せてみました。

【2018年3月/酒さ様皮膚炎診断から1ヵ月後】

1ヵ月経ち、かなり赤み・ブツブツが引いたころ。(実際はもっと赤いです)

頬骨のあたりのブツブツがなかなか治りません。画像はありませんが、おでこもブツブツ・・。

【2019年1月現在/酒さ様皮膚炎診断から11カ月後】

別のライトの下で撮っているので顔色が随分違いますね(笑)

おでこのブツブツも良くなりました。

これは今日(酒さ様皮膚炎診断から11カ月)卓上のLEDライトの下でスマホで撮りました。だいぶマシになりました。

しかし、これは今日の状態が良いだけで明日はどうなるかわかりません。というか、ストーブの前にいたらリンゴみたいになります(笑)

アップにすると、まだところどころ赤みや小さなプツプツがあるのがわかります。

でも、この至近距離で私の顔を見る人なんていないですよね!(笑)誰も見ていないって♪

この皮膚炎は、完治という概念がないのではないかと思います。

いわば「体質」に近いものなのかもしれません。あるいはヘルペスのように一生お付き合いしなければならない病気という感じでしょうか。

私は「完治」にこだわっていましたが、もうやめました。

完ぺきに治すことにこだわっていると、とても心が疲れるからです。今は、なるべく症状を出さないような生活やケアを心がけています。

さいごに

酒さや酒さ様皮膚炎はとてもやっかいです。

一度発症すると長期あるいは一生付き合っていかなければならない可能性が高いからです。

お肌の赤みやほてり、かゆみ、痛み、ブツブツ・・とても不快感を感じますし、何より精神をむしばんでくるので本当につらかったです。。

これからも自分の肌の様子を見ながら、なるべく症状を出さないよう気を付けて行きたいと思います!

日記のような記事ですが、誰かのお役に立てるととても嬉しいです(>_<)

コメント