【家計管理術】ステップ2-1.家計・支出の減らすべき部分を探す~固定費の見直し編~

家計のやりくり
Sponsored Links

さて、前回の記事を読んでいただけた方は、1カ月のお金の流れを把握できたと思います。

まだ読んでいない方・実践していない方は前回記事を先に読んでみてくださいね♪

【家計管理術】ステップ1.家計を把握する~『収入と支出』を知る~
家計管理のはじめの一歩ともいえる「家計の把握」。みなさんは1カ月のうちにどのくらい収入があり、何にいくら使っているか明確にご存知ですか?家計管理のはじめのステップとして家計を把握する方法や手順を具体的に解説します。

 

おおまかではありますが、「家計の把握」ができたところで、「支出を減らせるポイントはないか?」「ムダなお金を使ってはいないか?」という点を確認していきます。

このページでは、支出の減らすべき部分を探すためのヒント(主に「固定費」)や具体的な手順を説明していきます。

 

具体的には、、

  • 支出を減らしたいけれど、どこを減らせばよいかわからない
  • やれるだけの節約はしているつもりだけど、他に支出を抑えられるポイントがないか知りたい
  • お金の使い方を変えたい!節約したい!

という方におすすめの記事です。

Sponsored Links

家計の支出を抑える・減らすのに一番効率的な「固定費」を見直そう

「節約しよう!」と思ったとき、欲しいものや食べたいものを「我慢する」というやり方では効率的に支出を抑えることはできません。

このような無計画かつ無理な「節約」は苦しみを生むだけで、長続きしませんしストレスが溜まるだけです。

 

では、どうすれば効率的に家計の出費を抑えることができるのかというと

  1. 毎月かかってしまう費用『固定費』を下げる
  2. お金の使いグセ・浪費グセを知る

という2点を意識することです。

このページでは固定費を下げることについて具体的な手順を説明していきたいと思います。

『固定費』を下げるとお金が貯まる理由

固定費とは、毎月の家賃や保険料、水光熱費など毎月大体同じ額を払う支出のことを指します。

食べ物やお洋服のように自分で「買っちゃおうかな♪」という意思決定を下さなくても、生きるために毎月出ていくお金です。

すみれ
すみれ
継続的に出る出費なので、とても効率的に支出を削ることができるのです!

 

たとえば、月に10,000円かかっていたスマホ代が3,000円になるだけで、、

月々10,000円×12カ月=120,000円

月々3,000円×12カ月=36,000円
差額:84,000円

年間84,000円ものお金を浮かせることが可能です。

 

お金が思うように貯められないのは「贅沢」や「無駄遣い」が原因!と思いがちですが、実は通信費や保険料、家賃などの固定費の方が家計の圧迫要因になりがち。

また、一度見直してしまえば、継続的に出費が下がるので1分1秒でも早く見直したほうがお得といえます。

固定費の見直しで年間85万円の節約に成功!

ここで、実際に私が固定費を見直したことで生まれたお金を簡単に紹介します。

①ソフトバンクから格安SIMへ

  • 月々9,000円前後⇒月々1,600円~3,000円
  • 年間108,000円⇒年間19,200円

年間最大88,800円の節約に!

ソフトバンクのディズニーモバイルを使用していましたが、U-mobile の格安SIMに変えたところ、月々の支払いは3,000円前後に。

スマホの機種代金を月々払っていた2年間は3,000円前後でしたが、現在は機種代金を払い終えたので、月々1,600円前後まで下がりました。

Sponsored Links

②積立式の保険から掛け捨ての共済保険へ

  • 月々12,000円⇒月々3,000円
  • 年間144,000円⇒36,000円

年間108,000円の節約に!

保険に関してはそれぞれの価値観もありますので一概にはいえませんが、掛け捨ての共済保険に加入してよかったと思っています。

夫の会社で加入できる共済に入っていますが、年末には割戻金が必ず戻ってくるので実際にはもう少しお金がかかってないといえます。

「大人になったら保険に加入しないとね」と親に言われるがまま、貯蓄性のある保険で月に12,000円も払ってきましたが、利率が良くないのでお金を貯めるなら投資信託の方がおすすめです。

③賃貸物件から夫の会社の社宅へ

  • 月々80,000円(2LDK+駐車場)⇒月々25,000円(3LDK+駐車場)
  • 年間960,000円⇒300,000円

年間660,000円の節約に!

固定費の中でも一番大きな効果があったのが「家賃」を下げたことです。

すみれ
すみれ
やはり固定費の中でも高いウェイトを占めているので、家賃を抑えられるとかなり節約できます!

ただ、これは私たちが転勤族であるがゆえの節約方法だと思います。おそらく社宅のような住まいではないかぎり3LDK+駐車場で月々25,000円というのは無理だと思いますが、古い住宅でも『住めば都』ということはお伝えしたい!

一昨年まで築50年ほどの団地にいましたが、小ぎれいに掃除し、無駄なものを置かないだけで全く不自由なく過ごせました。

夫の上司には「若い人にはきついんじゃない?ボロ団地すぎて奥さん泣いちゃうよ?」とさんざん脅されたのですが、全然そんなことはありません。

すみれ
すみれ

汚いと感じるなら自分の手できれいにするまでです!

固定費の見直しのやり方・手順

では、実際に固定費を見直しの手順・やり方を説明します。

すみれ
すみれ
面倒な作業に感じますが、一度見直しや契約が済んでしまえば後は勝手に出費が抑えられます!
レオン
レオン
がんばりましょー!!

1.固定費を把握する

まずは、固定費にどのくらいかかっているのかを把握します。

クレジットカードの利用明細、銀行口座の引き落とし履歴などを確認し、毎月支払っている固定費をすべて書き出しましょう。

前回の記事を読んでくださった方はもう既に把握済みかと思いますので詳細は割愛します。

具体的なやり方は「【家計管理術】ステップ1.家計を把握する~『収入と支出』を知る~」でご確認ください。

Sponsored Links

2.支出が抑えられないか1ずつチェックする

支出を抑えられるポイントがないか1ずつチェックしていきましょう。

人それぞれ生活スタイルや価値観が違いますから、一概に「絶対にコレ!」という正解はないと思いますが、私の判断基準でいえば『必要』か『不必要』かの2択です。

なんとなく「便利だから」「欲しかったから」「憧れだから」「カッコいいから」という感情的な理由や「これはこういうものだ」という固定概念はなるべく持ち込まないよう判断しています。

①家賃

一般的に、家賃や住宅ローンなどの住宅費の目安は収入の約3割が妥当だといわれています。

本文手取り収入×0.3=住宅費の目安額
すみれ
すみれ
手取りの収入が25万円なら75,000円が目安ということになりますね。

目安額ではありますが、全体的な支出を見ても家賃の占めるウェイトはとても高い!

ここを下げられると、かなりお金を貯めやすくなるので、賃貸物件の方は引っ越しを、住宅ローンを借りているなら借り換えを検討すべきだと思います。

正直言って引越しはかなり腰が重いと思います。ですが、家賃で年間66万円も節約できた私からすると、ぜひ実践して欲しい節約術です。

東京都内に限られますが、家賃を下げたい方向けの物件情報サイトがあるので、ぜひのぞいてみてください。

 

新婚当時に新築アパートを借りたのち、社宅ボロ団地に住み替えした私からすると、雨漏りしないしっかりした屋根のついた家であれば、人生の幸福度にそれほど大きな影響はありません。

多少の不便を受け入れながら、毎日きれいに掃除し、整理整頓された部屋があるだけでとても幸せです。

すみれ
すみれ
「ボロ団地だと友だち呼べないじゃん!」と冗談で言われたことがありますが、別に呼べます(笑)私からすると、つまらない見栄やプライドに支払うお金の方がはるかに勿体ないですし、不要なのです。

②保険料

保険をいちいち見直すのは正直面倒ですが、生活スタイルやライフステージは確実に変化しています。

今のあなたのニーズと保険の内容がマッチしていないのにも関わらず、ムダに高い保険料を払い続けるのはお金をドブに捨てているのとあまり変わらないですよね。絶対に見直しましょう。

 

保険料を見直すのが「面倒」だと感じる理由のひとつに「保険のことがよくわからない」ということがあると思います。実際FP3級程度の知識では、どんな保険が良いかなんて全然わからないです(笑)

なので、時短するためにも保険は保険のプロに聞くのがおすすめ!

レオン
レオン
面談などに少々手間や面倒を感じますが、保険料を下げるとグッとお金が貯めやすくなりますよ!

③ガス代

もし戸建てに住んでいる方であれば、ガス会社を自由に選ぶことができます。

プロパンガスの料金はガス会社によってピンキリなので、いま契約しているガス会社よりも安くなるガス会社がないかどうかをチェックしてみてください。

 

とはいえ、全部自分で調べるのは至難の技!

プロパンガス料金比較サイトで無料見積りをしてみるのがおすすめです。

必要事項を入力すれば勝手に比較してくれるので、あとはあなたが選ぶだけ♪超簡単ですね!

★公式サイトをチェックしてみる⇒【ガス屋の窓口】

④電気代

電力自由化がはじまってから、電力会社や電気料金のプランを変更することで電気代を節約できるようになりました。

プロパンガスのように戸建てじゃないと変えられないという訳ではないので、賃貸物件にお住まいの方でも検討する余地ありです!(一括受電の賃貸物件など一部例外があります)

自分の力で調べて比べるのは大変なので、こちらも便利な料金比較サイト【電気チョイス】で無料見積りをしてみるのがおすすめです。

★公式サイトをチェックしてみる⇒【電気チョイス】

⑤スマホ代・ネット回線

よほどのこだわりがない限り、大手3社のスマホは格安スマホに替えるのがおすすめです。

とても簡単に、そして大幅に節約できるので使わない手がない!というのが正直なところ。

特に私の使っているU-mobile は、ドコモの回線を使用しているためネットもサクサクできますし、なんの不自由も感じたことはありません。

各社、料金のシュミレーションができますので、現在のスマホ代と比較してみてください。

また、ネット回線も用意している会社が多いのでスマホとネット回線をセットで利用すればさらにお得になります。

すみれ
すみれ

私も、U-mobile (格安スマホ)にU-NEXT光(ネット回線)を使っています!微々たる値引き額ではありますが、請求元も一緒で家計を管理しやすいところも気に入っています。

ネット回線は別で検討したいという方は、料金比較サイトで無料見積りをしてみましょう!

10年以上の実績と豊富な知識で丁寧にコンサルティングしてくれるので、ネット回線・光コラボの知識がまったくなくても大丈夫!

あなたに合ったネット回線を提案してくれます。

★公式サイトをチェックしてみる⇒光コラボおとくナビ.net

⑥月額サービス

不要な月額サービスに加入したままになっていませんか?

スマホやタブレットを契約したときに「無料ですから」とか「値引きしますから」と言われて、オプションをつけた記憶はありませんか?

使っているのであれば問題ありませんが、「不要」と感じるなら今すぐにでも解約しましょう。

 

アマゾンのプライム会員やネットフリックスなどVODの月額会員も同じことがいえます。

私は月額サービスが好きではないため、特に加入していません。『必要なときに必要な分だけ』これが一番の節約術だと思っているからです。

Sponsored Links

行動する

さて、各項目のチェックが終わったらさっそく行動しましょう!

なぜ、こんなことをわざわざいうかというと、本やブログを読んだり、講演会に参加したりしてもほとんどの人が「行動」しないからです。

 

特に固定費の見直しはいろいろ調べたり、第三者と関わったりすることが多いので、「面倒くさい」「後でやろうかな」と思ってしまいがちですよね。

 

何度もいいますが、固定費を下げると早く節約の効果がみられます。

すみれ
すみれ

重い腰を上げて、まずはできそうなところから見直しをしてみてくださいね!

★ガス代を見直してみる⇒【ガス屋の窓口】

★電気代を見直してみる⇒【電気チョイス】★スマホ代を見直してみる

★ネット回線を見直してみる⇒光コラボおとくナビ.net

次回は、主に変動費を削るためのポイントをお伝えしたいと思います。

すみれ
すみれ
「ムダなお金を使ってはいないか?」、「お金の使い方のクセや浪費グセがないか」をチェックして、ムダ使いを減らしていきましょう♪

コメント